大口融資を受けるときのポイント

100万円といった比較的大口融資の場合、どこでもむやみに申し込めば良いというわけにはいきません。
消費者金融や銀行カードローンがある中で、どのような点に注意して選べばよいのでしょうか。

ここではカードローンを利用して100万円を借りる際のポイントについてご説明します。

100万円を借入れするとなると、返済においてある程度の負担を覚悟しなければなりません。
そんな中で少しでも金利が低いカードローンで借りることで、金利負担を軽減することができます。
カードローン業界では消費者金融よりも銀行カードローンのほうが金利が低めに設定されています。

また一定期間の利息がゼロになる無利息サービスを活用することも視野に入れてみてはいかがでしょうか。
大手消費者金融や一部の銀行カードローンでは無利息期間が設定されています。
100万円という金額であれば一定期間だけでも無利息になれば、返済総額が大きく変わる可能性があります。

総量規制の対象となる消費者金融では年収の1/3までしか借りることができません。
100万円借りる場合では年収が300万円以上ないと借入不可となります。
また年収の1/3というのは借入総額をみるので、年収が300万円あってもすでに他社からの借入がある場合には100万円をあらたに借り入れることはできないので注意が必要です。
金利が下がる
ただし消費者金融であってもおまとめ目的の借入れであれば総量規制は対象外とされています。
100万円をおまとめローンで借りることで複数借入を一本化できれば金利が下がります。

銀行カードローンは総量規制対象外なので、借入額が年収制限を受ける心配はありません。
もちろん審査内容によって融資の可否は個人差がありますが、100万円の新規借入れに際して法律上の影響はありません。

貸付金額が大きくなるほど厳しく審査を行うのは当然のことです。
100万円の融資額であれば、それ相応の返済能力が求められます。

さらに個人信用情報で事故情報などの問題がないとされれば審査通過の可能性も高まります。
この先しっかり返済を行える人物かどうかが判断の分かれ目になる、ということを念頭に申込を行いましょう。

申込者の条件にもよりますが、100万円を即日融資できる可能性はあります。
即日融資に対応しているカードローン会社をよく調べ、申込の締め切り時間や必要書類を確認しておきましょう。
金融機関によって収入証明書類が必要になる金額は異なるので要注意です。